社会人・就職氷河期世代のための公務員試験情報ブログ【全力応援!】

公務員試験を研究してきた筆者が、社会人向けの公務員試験について収集した情報を書いて、少しでもお役に立てたらという応援ブログです!

面接試験ってどのような視点で評価するの?(社会人向け公務員試験 合格戦略)

 こんにちは。

 今回は、面接試験の評価視点について整理しておきます。

 面接の評価基準については、各団体でそれぞれ定めていて、受験案内やホームページでその視点を公表しているところもあると思いますので、チェックしてください。

 ここでは、一般的に用いられることの多い視点(責任感、積極性、社会性、思考力、コミュニケーション力)を書いていきます。 

責任感・使命感

 「誠実な対応、行動への責任、公務への使命感、堅実さ」といった点を評価されます。住民のためになるかどうかを常に考えて行動するという使命感は、他のどの評価視点より重要なものになってくると思います。

積極性・主体性

 前向きにチャレンジするか、考えを自ら出し行動を起こすか、といった点を評価されます。行動力や達成力とも類似する視点です。どちらかというと公務員はおとなしいタイプがそろっているので、少々、猪突猛進型くらいの方が、珍しがられるかもしれません。

社会性

 「組織の中で円滑な関係が構築できるか、住民に対し丁寧な対応ができるか」といった視点を評価されます。民間企業に勤められている方であれば、顧客が住民に置き換わるだけです。

思考力

 「創造性、分析力、論理性」といった点を評価されます。教養試験でいい点を取ることとは違う頭の使い方ができるか、特に、コロナやAIといった答えのない新たな課題に対応する力を持ち合わせていることが求められます。

コミュニケーション力

 面接全般を通してコミュニケーションの能力を評価されます。面接と言えば、コミュニケーション力が全体を引っ張るといっても過言ではないので重要です。

 

 面接官は、これらを面接の質問・回答を通して判断していくことになるわけですが、それぞれ、質問回答のどんなところから判断されるかは、今後の「面接想定質問」シリーズの中で解説していきたいと思いますので、楽しみにしていてください。

 

 まだ面接どころじゃない…という方はこちらも参考にしてくださいね。

koumuin-ouen.hatenablog.com

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

f:id:mameshibafukuryu:20210417104609j:plain

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com