【面接想定質問05】なぜ民間企業を退職して地方公務員を志望するのですか?(公務員試験 面接対策)

社会人向け公務員試験 面接対策 想定質問(5回目)

 面接想定質問5回目です。
(過去の面接想定質問はこちら)

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 これまでの4回はウォーミングアップ的な質問を取り上げてきましたが、今回は、いきなり面接の核心ともいえる「志望動機」に関する質問です。

 社会人経験者の試験では「なぜ今の仕事をやめてまで公務員を目指すのか」という点は必ず聞かれるので、みなさん準備をすると思いますが、なかなか難しい質問です。

 

面接想定質問05 なぜ民間企業を退職して地方公務員を志望するのですか?

ブログ筆者の回答案

なぜ民間企業を退職して地方公務員を志望するのですか?

私は東京の大学で経済を学び、今の金融機関でプライドを持って取り組んできました。

一方、年齢も40代となって社会との関わりも増し、また3年前には災害で行政の方にもとてもお世話になったため、金融だけでなくもっと幅広く社会貢献したい、と考えるようになりました。2年前から、清掃活動のボランティアにも参加しています。

今回、子育てのこともあり妻の地元に定住することを決め、これを契機に、自分のこれまで培った経験を生かしながら社会貢献できる場として、迷いなく、御庁を受験することとしました。

 

 

解説

 ポイントとしては、次の3点があると思います。

 

1点目:「民間企業との違い」について
 
 よく「利潤追求ではなく社会貢献のために働きたい」という答えに対して、「民間企業だって利潤追求するだけでなく企業理念をもって社会に貢献しているのではないですか?」と返してくる面接官もいます。

 現職(前職)を否定することは、基本的にはあまりしない方がいいと思いますので、少しオブラートに包みつつ、現職もやりがいがあるがそれ以上に、という表現にしてみてはどうでしょうか。

 

2点目:あくまで「志」が最優先
 
 きっかけは様々あれど、やはり「公務員として社会貢献するんだ」という「思い」をアピールすることは重要です。

 何かをきっかけにそう思うようになったのであれば、そこを説明するといいです。

 もちろん、作ったものではなく、自分の心の底から出るようなものでないとダメですので、それがないという方は、まずじっくりと自分の思いについて考える必要があります。

 また、ただ「貢献したい」だけでなく、自己分析を踏まえて「こういう点で貢献できる」ということも、社会人経験者としては必要となると思います。

 既に社会貢献活動などしている場合は、積極的に付け加えるべきでしょう。

 

3点目:実際の退職理由は隠さない
 
 実際の退職理由も隠さず伝える必要があります。

 これを隠して取り繕おうとすると、面接全体として「この人は本当のことを言っているんだろうか」と疑われてしまいます。

 基本的に正直に言うべきですが、親の介護、子育てなどが「志望の最大で唯一に近い理由」と聞こえる答えになれば、あまりいい印象となりません。さきほどの「志」をしっかりと述べることで、バランスを取るように心がけることが大事かと思います。

 

 

 

今回の評価ポイント

f:id:mameshibafukuryu:20210508101229p:plain

評価視点の中で、今回の質問は「責任感・使命感」を見る重要な質問になるかと思いますので、しっかりと頭の中を整理しておいてください。

 

 

 

ブログ筆者紹介:おりーぶ

過去に行政機関で勤務。自ら収集した情報や公務員の知人からの情報(マル秘情報なし)を整理して、ブログでわかりやすく発信します。

----------

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com