社会人・就職氷河期世代のための公務員試験情報ブログ【全力応援!】

公務員試験を研究してきた筆者が、社会人向けの公務員試験について収集した情報を書いて、少しでもお役に立てたらという応援ブログです!

面接想定質問06 お持ちの資格免許は運転免許だけですか?(公務員試験面接対策)

 こんにちは。

 面接想定質問6回目です。
(過去の面接想定質問はこちら)

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 今回は、面接カードに記載欄があることが多い「資格・免許」についての質問です。

面接想定質問06 お持ちの資格免許は運転免許だけですか?

f:id:mameshibafukuryu:20210525165349j:plain

 

ブログ筆者の回答案

  持っている資格免許は運転免許だけですが、現在、情報系の資格取得に向けて勉強中です。

 

(解説)
 情報人材はこれから求められますので、ウソはいけませんが、こういった答えはしておきたいところです。公務員試験の合格と並行して資格の勉強をすることは難しいとは思いますが、合格後には取り組んでいくくらいの気構えでいた方がいいかもしれません。
 ここで扱っている試験は基本的に「行政」ですので、情報系の資格が受験資格として必須ということはありませんが、これから情報系の知識はあればあるほど重宝されることになるでしょう。ただ、単なる情報の専門家がほしいのであれば、外部の人材を持ってくればいいわけですから、「行政」の職員としては、情報の知識も持ち合わせることで、「行政のあるべき姿を描く中で、そこに最低限の情報知識でもって、アイデアを出せる力」が最も求められてくると思います。このため、最低限の情報系資格などは持っておきたいところですよね。

 

情報系資格取得にもオススメの通信講座

 情報系の資格を検討される場合のオススメの通信講座を紹介しておきます。
 勉強方法の回のところでも少し紹介したのですが、公務員試験の勉強の独学との組み合わせで通信講座を使うなら「スタディング」という通信講座が、他の通信講座と比較してもコスト的にもかなり安く、無理がないのでオススメですよと、書きました。

 この「スタディング」は、公務員試験だけでなく、情報系の資格にも対応していて、しかも、公務員試験の通信講座など、他の講座を申し込んでいる人には、次のコースの申込に割引(スキルアップ割引制度)があるという好条件になっています。
 ですから、公務員試験を合格した後に次は情報系の資格を取ろう、(そして面接でウソなくこう答えよう)という方は、「スタディング」を活用されてみてはいかがでしょうか。
(↓こちら)

 

公務員となってAI分野の最前線で働きたい人のためのスクール

 これから必ず重宝されるであろうAIのスキルを本格的に身に着けたいという方は、日本最大級のAI学習サービス「アイデミー」がおすすめです。最先端の分野のため、費用は安くはありませんが、自分への投資をしてみようという方で合格して時間が作れる場合は、受講してみてはいかがでしょうか。

 

今回の評価ポイント

f:id:mameshibafukuryu:20210508101413p:plain
 先日の記事で書いた評価視点の中では、今回の質問はどちらかというと実践的能力や先見性という点で「思考力」に当てはまる質問になるかと思いますので、参考としてください。

 

 

 【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com