社会人・就職氷河期世代のための公務員試験情報ブログ【全力応援!】

社会人向けの公務員試験について収集した情報を書いて、少しでもお役に立てたらという応援ブログです!

論作文・面接対策として総合計画を活用する方法(例:東京都)(社会人向け公務員試験 合格戦略)

 先日、論作文・面接対策として、各都道府県の総合計画のページへのリンク集を記事にしましたが、今回は、論作文・面接対策として総合計画をどのように活用するかを具体的な例を示しながら書いていきたいと思います。

 <都道府県の総合計画の記事>
(社会人経験者試験)社会人経験者試験を実施する都道府県の総合計画就職氷河期対象試験)就職氷河期対象試験を実施する都道府県の総合計画

 

総合計画の論作文・面接対策への活用方法(東京都のビジョンを例に)

 総合計画は、都道府県の計画の中で最上位の計画で、今後の中長期的なビジョンを示したものです。その中には、都道府県の現状と課題が整理されていますので、論文試験対策や、何より面接対策に活用できます。質問への備えはもちろんのこと、その都道府県の現状と課題、将来ビジョンを知ることで、自分の入庁後のやってみたい仕事などをイメージすることができます。

 
今回は、東京都の総合計画を例に書いていきます。

1.総合計画の目次をみる

『未来の東京』戦略

 

f:id:mameshibafukuryu:20210516171325j:plain

 

 目次は次のようになっています。

f:id:mameshibafukuryu:20210516171504j:plain


 「2040年代のビジョン」と「2030年に向けた戦略」とが描かれていますが、おおむねテーマは重なっています。26ページに概念図が書かれていますが、東京の将来の姿を「ビジョン」として提示し、その実現のための戦略を、その次に記載しているという構造になっているようです。
 よって、「2040年代のビジョン」01から20までが、「東京都の取り組む政策分野」と捉えていいでしょう。

 

2.政策テーマを整理する

 2040年代のビジョンは20項目掲げてあり、これが政策テーマです。全て書くと、「01 子供」、「02 教育」、「03 女性活躍」、「04 長寿」、「05 働き方」、「06 多様性」、「07 コミュニティ」、「08 防災」、「09 暮らしの安全」、「10 まちづくり」、「11 交通ネットワーク」、「12 スマート東京」、「13 ビジネス・研究開発」、「14 スタートアップ」、「15 産業」、「16 水と緑」、「17 環境都市」、「18 文化・エンターテインメント」、「19 スポーツ」、「20 全国連携」です。

 

3.政策テーマごとに「現状・課題」、「今後の方向性」を整理する

 このビジョンでは、東京都の現状、課題、今後の方向性は「2040年代のビジョン」に全て記載してあります。
 例えば「05 多様性」のテーマを見てみましょう。下に示しますが、「現状・課題」は赤囲みの部分、「今後の方向性」はそれ以外の部分です。
 この記載を、ポイントを絞って簡潔に整理していきましょう。例えばノートの1ページに1テーマを書くととして、上から「テーマ」「現状・課題」「今後の方向性」と書いていくなどすればいいかと思います。東京都の場合であれば、この作業×20回です。
 なお、せっかく対策を打てているのだから、データ的な部分もしっかり整理しておきたいものです。ただ、例えば、小数点以下のパーセンテージまで頭に入れて、それを論文試験や面接試験で活用するのは逆に丸暗記感が出てしまうので良くなく、あくまで重要な数字について、○割とか約○千人とかというレベルで活用するようにしましょう。

f:id:mameshibafukuryu:20210516174720j:plain

 

f:id:mameshibafukuryu:20210516174849j:plain

4.取り組もうとしている具体的施策も参考にしながら、「自分の考え」を作り上げる

 現状・課題、今後の方向性を把握したら、最後は「自分の考え」を作り上げてください。(さきほどのノートの書き方でいえば、ページの中段より下に書きましょう。)東京都の場合は、「2030年に向けた戦略」で詳細に示していますので、その取組は参考にすべきです。ただ、それをそっくりそのまま「自分の考え」とするのはよくありません。試験では、プラスアルファでも「自分の考え」があった方がいいので、取り組もうとしていることをベースにして基本は肯定しながら、考えられる問題点も指摘できればベター、その対案まで示せればベストかと思います。

f:id:mameshibafukuryu:20210516180238j:plain

 

5.日本全体の普遍的な課題を確認して補足する

 おそらく、1~4までで整理すれば、論文対策本などにある一般的ないわゆる「頻出テーマ」は既に対応しているでしょう。必ずしも出題テーマと一致はしていなくても、それだけ整理しておけば、どれかに結びつく役割は果たすはずです。(国防や金融など国特有のテーマは別ですが)
 あとは、文章のテクニックとして「マクロからミクロ」という書き方が理想ですので、同じテーマの国全体の状況をデータも含め把握しておいてください。「日本の現状」→「都道府県の現状」という文章の流れで、内容を膨らませるのがよいかと思います。

 (仕上げにこちらも参考にどうぞ) 

 

 

 

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

f:id:mameshibafukuryu:20210516191328j:plain