社会人向け公務員試験対策 応援ブログ

社会人向けの公務員試験について収集した情報を書いて、少しでもお役に立てたらという応援ブログです!

【1か月でも勉強できる!】残り時間別の教養試験対策8パターン(社会人向け公務員試験)

 公務員への転職をめざす第一関門としてまずは教養試験を突破しないといけません。

 この勉強方法として、「問題集」と「通信講座」を組み合わせる選択肢も一つの方法です。

問題集と通信講座を組合わせるってどういうイメージなのかな?

公務員試験対策には、半年以上必要って聞くから、それを切ったらもう諦めるべきかな?

 

そんなお悩みを解決するため、今回は、スタートから試験までの残り時間ごとの勉強方法のパターンをご紹介します。

 

 

 

教養試験対策必要時間表を整理しました

 まずは、「問題集」と「通信講座」ごとに教養試験対策にどのくらい時間がかかるかを整理してみましょう。(※あくまで一般的な例です。)

 

f:id:mameshibafukuryu:20210518213226j:plain

 

【A1】通信講座1回目

 おすすめの通信講座の「スタディング」を例にしていますが、「社会人経験者合格コース」の場合、教養試験対策にかかる所要時間は、約60時間とされています。

 

 

 平日1時間、土日で5時間ずつ勉強すると仮定すれば、1週間で15時間ですので、1か月あれば、60時間について、一通り講義を終えることができます。

 「スタディング」は、スマホを使って講義が見れますので、通勤や合間時間を使ってやれば無理のない時間設定ではないでしょうか。

 

【A2】通信講座2、3回目

 講義内容を定着させるとなると、やはり計3回は聴きたいところです。

 ここで2,3回目は、ウェブ講義のため「倍速」設定で仮定して計算します。

 2,3回目分で1か月かかる計算です。

 

【B1、B2、C1、C2】問題集(優先度高、低)1回目~3回目

 問題集も様々なタイプがありますので、Bは「必須でやっておきたいもの」、Cは「仕上げ期にやっておきたいもの」といった感じで優先度で分けることはできると思います。

 問題集の1回目から3回目まで、それぞれ1か月ずつかかる計算です。

 

受験先の日程を確認しましょう

 社会人経験者・就職氷河期世代の試験は、春シーズンと秋シーズンに大別されます。
 参考までに2021年度試験の日程を掲載しますので、参考としてください。
(おおむね同じ時期に実施する傾向があるので、準備の参考にはできると思いますが、最終的には、「試験実施計画」を必ず確認してください。)

f:id:mameshibafukuryu:20220319110348p:plain

f:id:mameshibafukuryu:20220319110413p:plain

f:id:mameshibafukuryu:20220319110432p:plain

f:id:mameshibafukuryu:20220319110453p:plain

残り時間別の教養試験対策8パターン

 さきほど書いた必要時間表を基に、残り時間別に考えられる勉強法(組み合わせ)を整理すると次のとおりとなります。

 もちろん、早めに対策するに越したことはありませんが、受験先の試験日までの残り時間で諦めることなく、できる最大限のことをやりましょう。

 

スタートから試験まで残り6か月

(パターン1)B1、B2、C1、C2
 完全な独学でできる、という方は、通信講座を使わず、参考書・問題集で、広く、しっかりと定着させながら対応する形となります。

f:id:mameshibafukuryu:20210518215215j:plain

 

(パターン2)A1、A2、B1、B2、C1

 問題集と通信講座を組合わせる場合は、問題集2による仕上げを1回だけにして、これも広く、しっかりと定着が見込める形となります。

f:id:mameshibafukuryu:20210518215232j:plain

 

スタートから試験まで残り5か月

(パターン3)A1、A2、B1、B2

 通信講座を組合わせながら、問題集2を全くやらないようにします。通信講座と問題集1でそれなりにカバーできますから、しっかりと定着させることを狙います。

f:id:mameshibafukuryu:20210518215801j:plain

 

スタートから試験まで残り4か月

(パターン4)A1、A2、B1、C1

 通信講座はしっかりとやり切り、参考書・問題集を1回しかやらないパターンです。問題集の定着度に若干不安は残りますが、広さは保てます。

f:id:mameshibafukuryu:20210518220401j:plain

 

スタートから試験まで残り3か月

(パターン5)A1、B1、C1

 問題集と通信講座を組合わせながら、全て1回しかやらないパターンです。コストを気にせず、1回である程度定着できるという方は、広さを獲得することができる形です。

f:id:mameshibafukuryu:20210518220636j:plain

 

スタートから試験まで残り2か月

(パターン6)B1、C1

 完全独学で、参考書・問題集を全て1回しかやらないパターンです。定着度より広さ重視です。

f:id:mameshibafukuryu:20210518221021j:plain

 

(パターン7)A1、A2

 通信講座のみ、しっかりやり切るパターンです。こちらは逆に広さより定着度です。

f:id:mameshibafukuryu:20210518221318j:plain

 

スタートから試験まで残り1か月

(パターン8)A1

 通信講座1回のみのパターンです。

 1か月しかない場合、最低限一通りやるとしたら、この方法になります。

f:id:mameshibafukuryu:20210518221740j:plain

 
 今回は残り時間別の教養試験対策についてご紹介しました。

 ノー勉では合格できませんが、1か月勉強すれば最低限一通りやることはできますので、諦めずに取り組んでください。

 

【約60時間で一通り学習できるスタディングはこちら】

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

 

対策関連記事

まずは全体の合格戦略を立ててから始めることをおすすめします。

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

最大の難関は教養試験ですね。問題集でしっかり演習に励みましょう。

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

問題集だけでは難しい場合が多いかもしれません。通信講座との組み合わせが学習をサポートしてくれます。

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

 

ブログ筆者紹介:おりーぶ

過去に行政機関で勤務。自ら収集した情報や公務員の知人からの情報(マル秘情報なし)を整理して、ブログでわかりやすく発信します。

----------

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com