社会人・就職氷河期世代のための公務員試験情報ブログ【全力応援!】

公務員試験を研究してきた筆者が、社会人向けの公務員試験について収集した情報を書いて、少しでもお役に立てたらという応援ブログです!

AIスキルをもった公務員=将来を支える公務員 ⇒おすすめのAIスクールは?

 社会人・氷河期世代対象の公務員試験を受験する人には様々な理由があると思いますが、晴れて公務員になっても「定年まで安泰」というわけにはいかないのが今のご時世ですよね。
 というのも、人工知能(AI)が人類に代わって主役になる「シンギュラリティ」は2045年とも言われており、そんなに遠い将来の話ではありません。 これまで、いくつかの記事でも触れてきましたが、公務員にも、いや公務員にこそ、この「AI」の波は大きな環境変化をもたらすことになるでしょう。

f:id:mameshibafukuryu:20210605225943j:plain

 

AIが社会を仕事を変えていく 

 最近のAIの進化については、ご存知と思いますが、ディープラーニング(深層学習)という技術的ブレークスルーにより、AI投資(ビットコインなど仮想通貨含む)、画像認識による医療等への活用など、私たちの身近なところにどんどん入り込んできています。採用の面でも、公務員試験ではまだですが、民間ではAIの活用も始まっていますよね。
 こうしたAI時代を予測した堀江 貴文, 落合 陽一の「10年後の仕事図鑑」 では、様々な仕事のこれからの変化が書かれていますが、公務員も、なかなか厳しい見方がされています。


Kindleストア)10年後の仕事図鑑

 

公務員の非定型的な仕事も例外ではない

 先ほどの本では公務員の定型的な窓口業務がなくなるイメージで書かれていますが、公務員にもいろんな仕事があるので一緒くたではないだろう・・・と思う面もあります。しかし、AIの影響は定型的な業務だけにとどまらないかもしれません。

 数年前に、囲碁の「アルファ碁」が世界的なトップ棋士を圧倒したことは大きなニュースとなりました。このAIは、人間の過去の棋譜(対局のデータ)を入れた上で、AI同士がものすごいスピードで勝負を繰り返し、対局データを新たに積み重ねることで、どの手順、どの形が勝ちやすいかというのを導き、短期間で人間より強くなったわけです。囲碁や将棋も中盤戦は「大局観」つまりプロとしての経験や感覚が生きてくるとされてきました。しかし、今まで「人間らしい」と考えていたこの「経験や感覚」の部分さえも、機械が表現し、凌駕してしまうことで、多くの人を驚かせ、落胆させました。

 公務員の仕事の中でも、効果とか、企画とか、PDCAとか・・・何か非定型的で高度な仕事のように今は見えている部分も、結局は「経験や感覚」に委ねて、言い方は悪いですが、誤魔化している場合はないでしょうか。AIであればもっと正確に、より深く、例えば、今は人間ではとても無理だろうと思われる複雑な回帰分析もやってのけて、それぞれの事業が本当に住民を満足させているものかどうかの相関関係まで、はっきりと出されてしまう可能性があります。そんな時代の到来を見据えておかなければいけません。

f:id:mameshibafukuryu:20210417104847j:plain

 

AIスキルをもった公務員=将来を支える公務員

 ということで、間違いなくAIが行政を変えていくことになりますが、AIスキルは簡単に得られるものではないため、外部人材を高い報酬で採用したり、委託業者に任せたりということが予想されます。その中で、行政のこともわかる公務員がAIスキルをもっていれば、中心的な存在となりえます。よって、将来のことを見据えれば、今からAIスキルを学んで自己投資しておけば、周りの公務員とは違う公務員として輝けるのではないでしょうか。 (公務員に限らず、他の業界でも同じことは言えると思います。)
 公務員試験が合格したら(落ち着いたら)、学んでみることに一考の価値はあると思います。

 

f:id:mameshibafukuryu:20210605230150j:plain

日本最大級のAI/人工知能プログラミングスクール「Aidemy」

 AIスキルを本格的に得たいのであれば、日本最大級のAIスクール「Aidemy」 がおすすめです。AIや機械学習などの最先端技術の修得に留まらず、それらを活用して目標達成を実現するまでを一気通貫して支援するオンラインコーチングサービスです。様々な段階に応じたコースもあるようですので、時間や費用面と相談しながら、徐々に進めていくのもアリかもしれませんね。

 まずは、自分に合ったコースやスケジュールなど無料のオンライン相談で聞いてみてもいいかと思います。

他のプログラミングスクールより圧倒的に低コストでAIを学べる「AIジョブカレ」

 「AIジョブカレ」は、AIプログラミングに特化したスクールで、機械学習からディープラーニングを学ぶことができます。AIジョブカレの特徴は何と言っても、プログラミングスクールの中でも圧倒的な低コストでAIを学べる ところにあります。

 

大幅に費用を抑えられる「教育訓練給付金」

 AIスクールにかかる費用は安くはないため諦めがちですが、紹介した「AIジョブカレ」は、いずれも「教育訓練給付金」の対象であり、”公務員になる前であれば”、この給付金を活用することで、実質の費用は、通常料金よりも大幅に削減できる可能性があります。
 このことについては、別の記事で取り上げていますので参考にしてください。

 ⇒社会人・氷河期世代の強い味方!AIスクールにも使える「教育訓練給付金」とは?  


【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com