【面接想定質問11】上司と意見が食い違ったらどうしますか?(公務員試験 面接対策)

 

社会人向け公務員試験 面接対策 想定質問(11回目)

 面接想定質問11回目です。
(過去の面接想定質問はこちら)

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 今回は、組織における力に関する質問です。

 

面接想定質問11 上司と意見が食い違ったらどうしますか?

ブログ筆者の回答案

上司と意見が食い違ったらどうしますか?

上司は経験で自分よりも上回り、高い見地から意見を述べていると思いますので、まず自分の意見に間違いがなかったかどうかを考えます。その上で、職員としてのあるべき姿に照らして、やはり自分の意見が正しいと思われる場合、上司に理解をしてもらえるよう、自分の考えを丁寧に説明します。

 

 

解説

 この質問は、社会性(柔軟性、協調性)があるかについて確認する目的のものです。

 組織においては、上司の判断に従って物事を進めていくものですが、時に上司が判断を誤る場合もあります。
 また、中には、組織が本来向かうべきベクトルと違った方向を向いて内向きな姿勢で仕事をしたり、最もまずいのはコンプライアンスに反する行動をする上司に出会う不運な場合もあるかもしれません。

 そうしたときに、全ての職員が何でもかんでも「言われたとおりやります」「上司がこう判断したから仕方ない」で済ませていたのでは、組織に悪影響を及ぼしかねません。 
 
 基本的に、上司の意見を尊重する姿勢を持ちつつ、自分として、何が正しいかを常に考える姿勢で仕事ができるかが求められています。

 

 

 

 今回の評価視点 

「社会性」の評価が最も強い質問になります。

 

 

ブログ筆者紹介:おりーぶ

過去に行政機関で勤務。自ら収集した情報や公務員の知人からの情報(マル秘情報なし)を整理して、ブログでわかりやすく発信します。

----------

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com