公務員試験(教養試験)をノー勉で突破できるか確率を出してみた

 公務員試験の教養試験は択一問題だから、ヤマ勘で当たることもあるし、勉強しなくても(ノー勉でも)合格できるのではないか?という気にもなりますよね。
 今回は、公務員試験(教養試験)をノー勉でも突破できるかどうかを確率から検証してみたいと思います。

 

 例として、社会人経験者試験に多い「社会人基礎試験」で考えてみます。

(条件)
 ・社会人基礎試験は75題、4択
 ・社会人基礎試験の合格ラインを一般的に言われる6~7割正解と仮定(※)


 ※なお、合格ラインは受験倍率に左右されるため一律ではありません。

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 この条件を基に、「理解していて確実に正解できる問題数」と、「全くのヤマ勘の問題数」の割合によって、最終的に6割、7割の正解(素点)を取れる確率を出していきます。
(確率を計算するに当たっては、インターネットで紹介されていた数式を参考とさせていただきました。)

 結果は次のとおりです。

f:id:mameshibafukuryu:20210711154423p:plain

 

 この結果から、5割程度確実にわかる問題があれば、6割以上の正解にある程度近づくことがわかりました。
(残りの問題でおおむね1/4の確率で当たるためですね。)

 ただし、全くのヤマ勘では、ほぼ合格は絶望的なことがわかります。


 社会人の場合、学生時代など過去に勉強していた記憶もほとんど当てになりません。
 何も対策せずに5、6割を確実にとることは、なかなか難しいでしょう。

本気で合格を目指す方は、思い立ったら対策に取り掛かった方がいいということですね。

 社会人基礎試験は他の公務員試験と違って時事問題が多いなど、日々の意識の持ち方次第で、ある程度対応できる部分もあります。

 つまり、どういった試験なのかを把握することが大事になってきますので、そのあたりも含めて、早めに対策に取り掛かっていただきたいと思います。

⇒取り掛かりましょう!

 

 

>>忙しい社会人の試験対策

忙しい社会人には、通信講座スタディングを使った勉強法をおすすめします。

最先端のAIを使った問題復習機能で、自動的に苦手な分野をサポートしてくれます。

 

 

さらに、2023年度試験向けから、

コーチング対応の フルサポートコースも開講されています。

オンラインで、個別相談や面接対策に、しっかり対応してくれますので、ニーズに合わせて選択できます。

 

>>【スタディング】忙しい社会人でも公務員試験対策できるオススメの通信講座

 

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

ブログ筆者紹介:おりーぶ

過去に行政機関で勤務。自ら収集した情報や公務員の知人からの情報などを整理して、ブログでわかりやすく発信します。(マル秘情報はありません。)