社会人・就職氷河期世代のための公務員試験情報ブログ【全力応援!】

公務員試験を研究してきた筆者が、社会人向けの公務員試験について収集した情報を書いて、少しでもお役に立てたらという応援ブログです!

【社会人・就職氷河期世代対象】公務員試験の作文試験対策とおすすめの参考書

f:id:mameshibafukuryu:20210918185321j:plain

 社会人・就職氷河期世代対象では、論作文試験が実施されるケースが多いですが、論文と作文では対策の度合いが大きく異なってきます。

 今回は、就職氷河期世代試験で多い「作文試験」の対策とおすすめの参考書を紹介します。

公務員試験の作文試験対策

論文と作文の違い

 論文試験と作文試験の違いですが、論文試験が「根拠や客観的な事実などを基にして課題の答えを書くもの」に対し、作文試験は「自分の体験や感想を書くのもの」です。 

 課題も、例えば、論文試験は「外国人労働者の受け入れについて、あなたの考えを述べなさい」といったもので、作文試験は「これまであなたが主体的に改善を図ったことについて、述べなさい。」といったものになります。

 このため、論文試験は事前の準備がだいぶ必要ですが、作文試験は体験や感想を書けばいいので準備はだいぶ少なくて済みます。

作文試験の準備1(体験談の整理)

 作文試験は「自分の体験や感想を書くのもの」のため、事前の準備は複雑ではありません。ただし、自分の体験を何でも書けばいいというわけではなく、面接試験の「コンピテンシー面接」の考え方と同じで、入庁後に求められる「コンピテンシー」を把握して、それを意識した体験談を選んで書くことが重要です。(作り話はいけません。)

 「コンピテンシー面接」については、次の記事に書いていますので参考にしていただき、求められる要素ごとの体験談を整理しておきましょう。

 

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

作文試験の準備2(「考え」の整理)

 もう一つの「考え」ですが、「決意」や「志」につながる設問が多いかと思います。これも面接試験の「志望動機」と重なりますので、自分が公務員になぜたいのか、何をしたいのかということをじっくりと時間をかけて考え、整理しておきましょう。

作文試験対策にオススメの参考書

 「体験談」と「考え」が整理されたら、あとは体裁を整えるだけですね。この点は、参考書などを活用していただければと思いますが、次の参考書には「作文」について実践添削例がしっかり書いてあり、おすすめの一冊です。

 

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com