社会人向け公務員試験対策 応援ブログ

社会人向けの公務員試験について収集した情報を書いて、少しでもお役に立てたらという応援ブログです!

予備校や通信講座で公務員試験の合格率は上がるのか?

 公務員試験の対策をどうすべきか考える時に、予備校や通信講座が必須のものなのか、合格率がどのくらい差があるのか気になりますよね。

 今回は、この点について書いていきたいと思います。

 

予備校や通信講座で公務員試験の合格率は上がるのか?

まず、勉強せずに合格することは難しい

f:id:mameshibafukuryu:20220416143623j:plain

 まず、「公務員試験の教養試験は択一問題だから、ヤマ勘で当たることもあるし、勉強しなくても(ノー勉でも)合格できるのではないか?」という淡い期待を持っている方もいるかもしれませんが、さすがにそれはほぼ不可能です。

 具体的には次の記事で説明していますが、一般的に、「確実にわかる問題」を5割以上作らなければ、教養試験の突破は難しいため、教養試験には事前の対策が必要となることは間違いありません。

(参考記事)

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

予備校や通信講座でどのくらい合格率が上がるかはわからない

f:id:mameshibafukuryu:20220416143923j:plain

 そこで、対策をするに当たって、

・独学でいいのか?
・予備校や通信講座を使うべきなのか?
・どのくらい合格率に差があるのか?

気になるところです。

 

 いきなり結論となりますが、残念ながら、正確なエビデンスはありません。

 なぜなら、同じ人が独学と予備校・通信講座を両方やって同じ試験の結果を比べることはできないこと、試験の難易度や競争関係も様々であることから、「使ったから合格できた」、「使わなかったら合格していなかった」という答えはどうやっても導き出せないでからです。

 

独学よりも効率的に理解が進む「時短効果」はある

f:id:mameshibafukuryu:20220416144400j:plain

 そんな中、次のような意見は聞かれます。

 

 

「独学で合格できる人もいるけど、合格者はかなりの確率で予備校に通っている」

 

 

 

「同期の友達に聞いたら8割は予備校を使っていて、残りが独学」

 

 実際に予備校や通信講座を使う人が多いから、そうした結果につながっていることも否定できませんが、ある程度の効果が出ていることは、こうした意見が多く聞かれることから、実感としてありそうです。

 

 正確なエビデンスはありませんが、学習を進める上での予備校や通信講座を使うことで考えられる効果として、効率的に理解が進む「時短効果」はあると思います。

 公務員試験の独学は、参考書などを使ってまず「理解」し、問題集などを使って「演習」を繰り返すことが基本です。

 予備校や通信講座を使うことで、この「理解」に要する時間を半減できるのではないかと思います。(これは、あくまで私見ですが。)

 特に、しばらく独学で勉強することから離れている社会人には、より有効に作用する可能性は高いです。

 

予備校や通信講座は値段が高ければ高いほど効果があるのか?

f:id:mameshibafukuryu:20220416144639j:plain

 予備校や通信講座を使う場合、値段も何十万もするものから、10万円未満の低コストのものまで様々なため、悩むところではないでしょうか。

 それは、予備校や通信講座に何を求めるか、によっても違ってくると思います。

 

 ちなみに私は、次のような試験全体の合格戦略をオススメしています。

f:id:mameshibafukuryu:20210626105601p:plain

 

 この中で、論文試験対策や面接試験対策は、主には「独自の対策で足りる」と考えており、予備校や通信講座は、あくまで教養試験対策に活用するもの、と考えています。

 

 そうした視点に立って、予備校や通信講座のコストと、教養試験対策への効果を考えてみると、次のようになります。

f:id:mameshibafukuryu:20220416140954p:plain

 予備校・通信講座のコストには論文試験対策や面接試験対策分も含まれているため、教養試験への効果と完全に比例しているものではありません。

 教養試験対策への効果はある程度の域を超えると、逓減していくと考えます。

 

 つまり、「教養試験対策としての」予備校や通信講座は、

・独学よりも確実に効果はあるので使う価値はある

・しかし、コストをかければかけるほど効果が上がるものでもない

と思います。

 

 ですから、通信講座を選ぶ場合には、信頼できるもののうち費用負担が比較的低めのものを選び、問題集と組み合わせるのがベストだと考えます。

 そこで予算が浮くのであれば、(面接対策としての)スキルアップに活用することもオススメします。

 

 例えば、元々30万円以上を公務員試験予備校用に自己投資して、対策しようと思っていたのであれば、このブログでオススメする通信講座、問題集に加えて、情報系のスキルアップに要する費用まで合わせて、予算内でおさめることはできるので、その方が合格には近づくと考えます。

 

 具体的には次の記事を参考にしてください。

【通信講座】

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

【問題集・参考書】

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

【最終合格のための全体戦略】

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

スキルアップとして】

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

 

<教養試験を効率的に突破するためのオススメ通信講座>

社会人向け公務員試験にオススメの通信講座3選です。詳しくはこちらの記事に書いています。

 
費用
(コース)
基礎力系
対応
上級対応
初級対応
実績
WEB
機能
情報系
資格も

スタディング

7万円
(社会人経験者コース)
最短約60時間で
学習完了

上昇中
★★★
☆☆

資格の大原

9~16万円
(経験者採用(秋受験)合格プランほか)
☆☆
☆☆
☆☆

LEC

21万円
(経験者採用専願コース)
★★★
☆☆
☆☆

 

 

 

ブログ筆者紹介:おりーぶ

過去に行政機関で勤務。自ら収集した情報や公務員の知人からの情報(マル秘情報なし)を整理して、ブログでわかりやすく発信します。

----------

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com