会計年度任用職員が正規の公務員試験に合格するための秘訣とは?

自治体などで働く非正規の「会計年度任用職員」の中には、「正規の公務員になりたい」と考えている人も多いと思います。

会計年度任用職員の仕事は、正規の仕事の一部を担っていることも多く、同一労働同一賃金の観点から、「この仕事なら正規でも十分にやれそう」と思っている人もいるのではないでしょうか。

 

一方で、
・「正規職員になる方法がわからない。」
・「公務員試験の壁が高すぎて、結局、無理。」
と諦めてしまっている人も多いことでしょう。

 

そこで、今回は、会計年度任用職員が正規の公務員試験に合格するための秘訣について書いていきます。

 

 

ブログ筆者紹介:おりーぶ


 

 

 

 

会計年度任用職員とは

「会計年度任用職員」は2020年4月にできたもので、今年でまだ3年目の制度です。

それまで非正規職員は「非常勤職員」、「臨時職員」に分かれていましたが、これらが全て「会計年度任用職員」に統一されました。

行政機関は、行革の名のもとに、正規の職員の数は頭打ちさせる一方で、行政ニーズの増大化に対応するため、非正規職員をどんどん増やしてきた経緯があり、「会計年度任用職員」の割合も大きくなっています。

休暇制度や給与面で改善がなされ、人事評価も一部導入されるようになってはいますが、正規職員と比べて待遇面で物足りないと感じる人も少なくないと思います。

 

会計年度任用職員が正規の公務員をめざす方法

会計年度任用職員の仕事ぶりが評価されて試験なしで正規職員になるというルートはありません。

会計年度任用職員から正規の公務員をめざす方法は、次のとおりです。

 

1.一般の社会人経験者試験を受験する

一般の社会人経験者試験を受験している非正規職員も多く、他の民間経験者達に勝って最終合格できている例も聞いています。

 

2.就職氷河期世代試験を受験する

就職氷河期世代の方であれば、当然、就職氷河期世代対象試験を受験することができ、そこから正規の公務員を目指すことができます。

 

つまり、いずれにせよ公務員試験を受験してライバルに勝つ必要があります。

しかし、「公務員試験の壁」は当然のことながら、簡単ではありません。

 

 

立ちはだかる「公務員試験の壁」

次に、「公務員試験の壁」がどのようなものかを確認していきましょう。

 

社会人向け公務員試験の流れ

社会人向け公務員試験の一般的な流れは、次のようになっています。

試験全体を通して、最終的には面接試験が最も重要ですが、教養試験をクリアしないと次に進めない仕組みとなっているところが特徴です。

 

 

また、倍率は次のとおりです。

教養試験の山をクリアしても、もう一つ面接試験の山があります。

面接試験は普通に答えていれば合格できるという形式的なものではなく、一般の社会人経験者試験でも2人に1人、就職氷河期世代試験では4人に1人程度しか合格できないという厳しい試験です。

 

 

これを見て想像と違った方は、中途半端にスタートせず、幅広く検討してみた方がよいかもしれません。

 

◆公務員以外で転職を探すなら◆

ミイダス
7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します。
大手へ転職したいなら登録必須。
 

◆正社員就職応援プロジェクト
都内で就職したい30〜54歳の就職・転職を無料でサポート!
>>【正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター】

 
 

会計年度任用職員が正規の公務員試験に合格するための秘訣

合格するための秘訣は戦略を備えること

「それでも自分は公務員試験を合格してやるんだ」という強い気持ちの人には、ぜひ頑張って合格していただきたいと思います。

 

公務員試験が高い壁に感じる(合格が遠い)のには、理由があります。

合格が遠い人は、大抵、「大手予備校で勉強すれば合格できる」とか「闇雲に教養試験の勉強ばかりしている」ような戦略がない人です。

ラソンで言えば、30キロまで快調に走りながら、最後心臓破りの坂に耐えきれず失速するようなものです。

さきほどもお伝えしたように、試験には2つの山があります。

逆に言えば、しっかりとしたスタミナ・馬力を蓄える戦略を備えれば、合格がグッと近づくはずです。

 



合格戦略5つのポイント

そこで、ぜひ取り組んでいただきたい社会人向け公務員試験の合格のポイントを5つ整理しました。そのポイントは、次のとおりです。

第一関門の教養試験対策で息切れしないように、全体の対策を早い段階から考えておくことが大事です。

 

合格のため、ぜひ、この合格戦略に取り組んでみてください。

合格戦略の具体的な内容は、次の記事に書いています。

>>【合格がグッと近づく】社会人向け公務員試験の合格戦略5つのポイント

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

試験対策スケジュール

社会人公務員試験の試験スケジュールと対策期間の目安を、次のとおり整理しています。

対策スタートは半年前を目安としつつも、早ければ早いに越したことはありません。

現在地を確認して、早速、取りかかりましょう。

 

 

★試験対策スケジュールと現在地 <随時更新します。>

 

・2023年春シーズン試験を目指す人
対策を始めるべき時期がきています。対策をスタートしてください。

>>【合格がグッと近づく】社会人向け公務員試験の合格戦略5つのポイント

 

・2023年秋シーズン試験を目指す人
→対策を始めるべき時期までまだ数か月ありますが、人より早く始めればアドバンテージになります。また、この時期をスキルアップに充てることも有効です。

>>面接対策としての情報系スキルアップ 

 

 

 

(各団体の試験日程はこちらにまとめています)

>>社会人向け公務員試験 試験概要(日程・内容・過去の結果)

 

会計年度任用職員が最後にライバルに勝つために必要なこと

一般の社会人経験者試験で面接試験まで進んでライバル達に勝つにはどうするか。

非正規としての業務内容を単純に考えれば、民間企業の正社員から転職するライバルの受験者達が面接で話すエピソードを上回ることは、一般的には難しく思われます。

しかし、公務員試験の面接試験で重要なのは、評価されるものは経歴の大小ではないということです。

 

面接では必ず経験を問われますが、その意図は、表面的な経歴ではなく、「コンピテンシー」を確認するためです。

コンピテンシーとは、「ある職務や役割において優秀な成果を発揮する行動特性」で、過去行動を聞くことで、将来期待できる行動を評価するというものです。

他でも書いていますが、コンピテンシーで大事なのは、成果の「大小」よりも成果の「再現性」にあるということです。

 

成果の大小であれば、置かれた環境に左右されますので、例えば、民間企業の正社員の仕事の方がどうしても評価が高く、有利になります。

しかし、成果の再現性であれば、どのような環境でも、その仕事の工夫の仕方や組織関係性を、別の環境で再現できるかの評価は十分に可能となります。

 

つまり、今働いている会計年度任用職員としての仕事の中で、工夫をして、他の職員との関係性を意識して仕事を進めることが重要で、それがそのまま合否を左右していくのです。

正規職員同様の責任感を持って、組織を円滑に進めるためにどう動けばいいか、周りの職員の動きを注意深く見ながら仕事をするように心がけられるようになっていれば、自信を持って面接に挑めるはずです。

 

(関連記事)

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

それでも、面接で差別化をつける確信が持てない人には、合格戦略で示している「スキルアップ」が有効です。

ある程度の時間を必要としますので、早めに取り組むことをおすすめします。

(関連記事)

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

最終合格への勝ちパターンに乗ってしっかり取り組もう!

今回は「会計年度任用職員が正規の公務員試験に合格するための秘訣」を書いてきました。

結論として、その秘訣は、

・合格戦略を持って、しっかり取り組むこと

・会計年度任用職員の仕事の中で、正規職員同様の高い意識を持って仕事すること

です。

これらができていれば、最終合格への勝ちパターンに乗ったようなものだと思います。

 

>>【合格がグッと近づく】社会人向け公務員試験の合格戦略5つのポイント

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

なお、「合格戦略」の1つめの教養試験対策を働きながら効率的に進めるには通信講座の活用がベストです。頑張ってください!

 

【合格戦略1】教養試験対策にオススメの通信講座

おすすめ講座
特長


スタディング

最新のAI問題復習
機能や様々な機能を
使ってスキマ時間で
楽しみながら学習。


LEC

実績は抜群で信頼十分。
費用は比較的高めも、
充実したフォローを
望むなら検討価値あり。


資格の大原

実績がありながら
コスト面の優位性も。
コースが多いため、
資料請求してから
検討するのが無難。