【必見】社会人・氷河期世代の公務員試験の合格戦略5つのポイント

 

 公務員試験は長丁場です。

 教養試験、論作文試験、面接試験、全てがクリアできなければ、最終合格して公務員になることはできません。

 どこに力を入れて対策するかによって、合格する確率は変わってきます。

 また、誰もがやっている対策方法をやったのでは、ライバルを上回れません。

 

 今回は、社会人・就職氷河期対象の公務員試験に、最終合格するための合格戦略を具体化し、5つのポイントを整理しました。

 

 

ブログ筆者紹介:おりーぶ

過去に行政機関で勤務。自ら収集した情報や公務員の知人からの情報(マル秘情報なし)を整理して、ブログでわかりやすく発信します。

 

 

社会人経験者、氷河期世代の公務員試験の合格戦略5つのポイント

 社会人向け公務員試験の流れは次のとおりです。

 最も重要なのは面接試験ですが、そこにたどり着くには教養試験をクリアしないといけないというのが、公務員試験の難しさです。

 

 

 

 そんな社会人向けの公務員試験を突破するための合格戦略は次のとおりです。

 力を入れて対策する点は1から5まで、5点です。

 このうち、もちろん、第一関門は「教養試験対策」であることに間違いありませんが、注目していただきたいのは、「差別化」の箇所です。

 ここを実行できるかが、合否のカギです。

 

 1つずつ解説していきます。

 

 

※図の矢印の太さは、ウエイトの大きさを示しています。形式対策より内容対策が重要です。

f:id:mameshibafukuryu:20210626105601p:plain

 

 

■ポイント1■

(1)教養試験対策 ー 参考書・通信講座 

 教養試験対策ばかりに時間を取られていてはいけませんが、突破しなければそこで終わりでもあり、そのバランスが重要です。

 まずは、しっかり「理解」をすることが必要ですが、社会人は、「試験勉強」から離れて時間が経つという方がほとんどで、独学だけではなかなか難しいところもあります。

 その場合、通信講座を活用することで「理解」のステップを進めることが最も確実で、おすすめしています。

 

 

自分の状況(試験にかけられる時間、受験先の難易度など)に合わせた勉強法を取ることが大事ですが、忙しい社会人には「通信講座」+「問題集演習」が効率的でコストも抑えられるので、オススメです。

 

 最終的に差別化につながるポイントではありませんが、ここを確実にクリアしなければ、次に進めません。

 

なお、勉強なしでも運が良ければ通過できるかなという淡い期待を持っている方は、次の記事で、その確率を確認しましょう。

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 速やかに対策に取り掛かりましょう。

 ⇒オススメの通信講座はこちら

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 ⇒オススメの参考書はこちら

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

■ポイント2■

(2)教養試験対策 ー 問題集

 「理解」のステップを終えたら、あとはひたすら「演習」です。

 これは、多くの問題集を繰り返し解きましょう。

 通信講座を活用する場合も、問題集と組み合わせることで、様々な試験のタイプに対応できるようになりますので、これは必須です。


 ⇒オススメの問題集はこちら

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

■ポイント3■

(3)論文試験対策 内容対策

 論文試験は、形式対策は程々に内容重視で対策を進めてください。

 なぜなら、ここは、他の受験者との「差別化」ポイントだからです。

 内容に関しては、対策本や通信講座などの模範解答を鵜呑みにするのではなく、自ら調べ、「自分の考え」を整理するところまでの作業過程が必要です。


 ⇒論文対策はこちら

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

■ポイント4■

(4)面接試験対策

 面接試験は、試験全体で最も重要視される試験です。

 評定要素はいくつかあり、面接といえば、コミュニケーション力などに目が向きがちですが、それよりも重要視されるのは、公務員としての「使命感」の要素です。

 この「使命感」の評価につながるには「志望動機」です。

 志望動機をしっかり追求・整理することに時間を使いましょう。

 「使命感」の要素は、意外と他の受験者がおそろかにしがちな部分であり、最も重要な「差別化」ポイントです。

 ⇒面接想定質問はこちら

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

■ポイント5■

(5)面接突破の裏ワザ?とも言えるスキルアップ

 資格が必要な看護師や薬剤師などを除いて、公務員試験を合格するために絶対に必要な資格はありません。

 しかし、行政は今、情報系のスキルにニーズがあることは確かです。

 公務員試験の勉強と並行して進めることはなかなか難しいと思いますが、情報系スキルの取得に取り組み、面接でアピールできれば、他の受験者との差をつけることはできます。

 特にAIスキルなどを話すことができれば、大きな加点要素となることは間違いありません。

 こんな感じの面接評定表になるでしょうか。

 特記事項に記載されて、判定が一段階上がるかもしれません。

 

 

 他の受験者と「差別化」を図るのであれば、他の受験者が取り組まない要素で差をつけることが重要です。

 スキル取得は、多くの受験者が取り組まないが故に、最も差をつけやすい「差別化」ポイントです。

 

 なお、AI関連のプログラミングスクールも通常は高額ですが、公務員になる前であれば教育訓練給付金制度も活用してお得に学べることも、公務員試験に取り組んでいる今、オススメする理由の一つです。

 

 ⇒おすすめAIプログラミングスクールについてはこちら

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

 

 

まとめ

 今回は、合格戦略を具体化してみました。

 合格戦略は5つのポイントがあり、その中でも最終合格のカギは、

1.教養試験を何としてもクリアすること

2.他の受験者との「差別化」を図ること

にかかっています。

 

差別化を図るのは、論文試験、面接試験と、スキルアップです!

 

 なお、1年間のスケジュールは次のとおりです。 

 照準を定めている試験まで日程から逆算して、計画を立てましょう。

 時間と予算の配分をしっかり考えて、トータルで合格を勝ち取る戦略としていただければと思います。

 

 

(社会人経験者)

 

就職氷河期世代)

 

 

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com