社会人・就職氷河期世代のための公務員試験情報ブログ【全力応援!】

公務員試験を研究してきた筆者が、社会人向けの公務員試験について収集した情報を書いて、少しでもお役に立てたらという応援ブログです!

社会人・就職氷河期世代対象の教養試験対策にオススメの問題集・参考書 (社会人向け公務員試験)

f:id:mameshibafukuryu:20210612085633j:plain

 社会人・就職氷河期世代対象の公務員試験の第一関門である「教養試験」。

 今回は、この教養試験の対策におすすめの問題集・参考書を紹介していきます。

(記事の後半では、「理解をするのに参考書では難しい」という方に最適な通信講座など、最終合格に向けたヒントを記載していますので、記事の最後まで読んでいただければ、と思います。

 

社会人・就職氷河期世代対象の教養試験対策にオススメの問題集・参考書

まずは試験内容をチェック

 社会人を対象とした公務員試験でも、「社会人経験者試験」と「就職氷河期世代対象試験」とで、1次試験の教養試験の内容が異なります。
 全体的には、社会人経験者試験では『社会人基礎試験』が、就職氷河期対象試験では『教養試験(初級)』が、それぞれ使われることが多くなっていると思います。

①社会人基礎試験(社会人経験者試験に多い)
 問題文は、短めで4択です。
 出題数は、75題を90分で解答するようになっており、スピードが問われます。
 内容は、時事、言語、数的推理などで構成されていて、大卒試験の教養試験などに比べて勉強期間が短くても対応しやすくできており、社会人向けに作られた試験です。

 

②教養試験(初級)就職氷河期対象試験に多い)
 いわゆる高卒程度の試験です。
 難易度は大卒程度よりも易しいですが、出題範囲は、社会科学、人文科学、自然科学のいわゆる「知識分野」と、数的推理、判断推理、文章理解、資料解釈などの「知能分野」から幅広く出題されるので、準備は①社会人基礎試験よりも必要になります。


 なお、就職氷河期試験でも①の場合もありますので、まずは、自分の考えている受験先の受験案内で必ず試験内容をチェックしてください。

都道府県庁の試験内容】
 都道府県庁の試験内容は、次の記事に記載していますので、確認してください。
(社会人経験者試験)【5/15時点まとめ】就職氷河期対象試験)【7/10時点まとめ】

※国家公務員の場合、「基礎能力試験」になりますが、高卒程度のため、『教養試験(初級)』で対策を行うこととなります。国家公務員試験(就職氷河期世代)の試験概要と基礎能力試験対策

 

おすすめの参考書・問題集

 試験内容の確認ができたら、参考書・問題集を見ていきましょう。
 ①『社会人基礎試験』、②『教養試験(初級)』の順に書いていきます。

①「社会人基礎試験」対策のオススメの参考書・問題集5選

f:id:mameshibafukuryu:20210417104429j:plain

 まず、社会人経験者試験に多い「社会人基礎試験」の対策にオススメの本を紹介します。

◆実務教育出版「社会人基礎試験早わかり問題集」★★★★★
(オススメポイント)
 4択形式で社会人基礎試験に忠実に対応している唯一の問題集だと思います。
 巻末に過去の受験者から集めた復元問題もあり、リアル度は高く、「必携」の1冊といっていいでしょう。 


◆実務教育出版「速攻の時事」
★★★★☆
(オススメポイント) 
 時事は最新に対応したものが必要です。
 この本は、過去の傾向もしっかりおさえてあります。
 「ニュースは見ている」という方でも、意外と漏れていることもありますので、読んでおいた方が間違いがありません。


 ちなみに、この本は電子書籍版もあります。
 通勤中や合間の時間でも見られるので、オススメです。

Kindle版はこちら
速攻の時事 令和3年度試験完全対応
速攻の時事 実戦トレーニング編 令和3年度試験完全対応

 

高橋書店「7日でできる!公務員試験 最新時事」★★★★☆
(オススメポイント)
 こちらも時事ですが、「7日でできる」というタイトルどおり、ささっと進めます。
 時間のない方には合っていますし、時間のある方も仕上げ的に読むのに、ちょうどいいと思います。

 

◆実務教育出版「無敵の文章理解 メソッド」★★★★☆
(オススメポイント)
 文章理解は、対策なしでもできそうな気にもなりますが、テクニックがあります。
 解くための戦略=テクニックがしっかり詰まっていて、まさに無敵になります。

 

エクシア出版「畑中敦子の社会人採用 数的処理ザ・ベスト★★★★☆
(オススメポイント)
 数学に苦手意識がある方は難しいと思いがちな数的処理ですが、解法さえ分かればむしろ得点源になると言われています。この一冊は、わかりやすく導いてくれます。



②「教養試験(初級)」対策のオススメの参考書・問題集5選

f:id:mameshibafukuryu:20210418201715j:plain
 次に、就職氷河期世代対象試験に多い「教養試験(初級)」の対策にオススメの本を紹介します。

◆東京アカデミー「オープンセサミシリーズ参考書」★★★★★
(オススメポイント)
 初級は高卒程度ですが、昔の教科書を引っ張り出してくる余裕はありません。
 このオープンセサミシリーズは、広い範囲を5冊にまとめてくれています。独学の場合、まずは、ここから、という「必携」の参考書5冊です。

Amazonはこちら)

国家公務員・地方初級(1)政治・経済・社会  (オープンセサミシリーズ) 

国家公務員・地方初級(2)日本史・世界史・地理・思想  (オープンセサミシリーズ)

国家公務員・地方初級(3)文章理解・国語・文学・芸術 (オープンセサミシリーズ)

国家公務員・地方初級(4)数学・理科 (オープンセサミシリーズ)

国家公務員・地方初級(5)一般知能 (オープンセサミシリーズ)

 

◆成美堂出版「最新最強の地方公務員問題 初級」★★★★★
(オススメポイント)
 まだ昔の勉強の記憶がある方は、こちらを選んでもいいと思います。また、さきほどのオープンセサミシリーズをやって、あとはこちらに移行する(持ち歩いたりする)のもありかもしれません。
 項目ごとのポイントが2ページずつ、きれいにまとまって、頭に入りやすいようにできています。

 

◆実務教育出版「高卒程度公務員完全攻略問題集」★★★★☆
(オススメポイント)
 項目ごとに、「最重要テーマ」、「基礎問題」、「実戦問題」の順になっていて、読み進めやすい仕様です。

 

高橋書店「初級 地方公務員 過去問ベスト」★★★★☆
(オススメポイント)
 「7日でできる」というタイトルどおり、時間がない方には合っています。
 時間のある方も仕上げ的に読むといいと思います。

 

◆実務教育出版「地方初級教養試験 過去問350」★★★★★
(オススメポイント)
 サイズが大きくて持ち運びは難しいですが、じっくりと取り組むには十分な一冊です。

 

 
 以上、独学での参考書・問題集として、おすすめのものを紹介しました。

楽天ブックスでお探しの場合はこちら⇒楽天ブックス

 

最終合格に向けたヒント 

参考書だけでは難しいという方に最適な通信講座

f:id:mameshibafukuryu:20210612085809j:plain

おすすめの通信講座

 「理解をするのに参考書の独学だけでは難しい」という方は、通信講座を組合わせてみてはいかがでしょうか。独学の場合、まず参考書などを読んで「理解」した上で問題集に取り組むわけですが、通信講座でポイントを捉えたレクチャーを聞けば、よりスムーズに「理解」でき、参考書の代わりとなりえます。
 また、勉強をスタートしようという時期が試験日まで6か月を切っている場合、通信講座も検討した方が無難かもしれません。

f:id:mameshibafukuryu:20210629212158j:plain

 

 この場合の通信講座には、時間がない社会人に適したウェブ対応が進んだ講座の中で、スタディング」がコスト的に無理もなく、ちょうどよいと考えます。

 氷河期世代試験の場合も、既存の
「社会人経験者 合格コース」や
「地方上級・市役所 教養合格コース」
を活用して、問題集と組み合わせれば、スムーズに勉強が進みます。

スタディング(公務員試験)はこちら

 

※コスト面は気にせず実績重視という方は、次の2社もご検討ください。

LEC 

クレアール
(両社とも実績十分です。)

 

koumuin-ouen.hatenablog.com


 

残り時間別の教養試験対策(氷河期試験にも対応可)

 紹介した参考書・問題集や通信講座との組み合わせによる教養試験対策を残り時間別に分けて整理していますので、参考にしてください。

koumuin-ouen.hatenablog.com


試験全体の戦略 

試験全体の戦略も重要

f:id:mameshibafukuryu:20210626105601p:plain

 今回紹介した参考書・問題集は、第一関門の教養試験対策になりますが、そのほか、論文試験対策、面接試験対策などもあります。


 詳細は、次の記事に記載していますので、こちらをご覧ください。

koumuin-ouen.hatenablog.com

 

おわりに

 今回は、社会人・就職氷河期世代対象の公務員試験におすすめの参考書・問題集、通信講座などについて書きました。

 まずは、問題集を手に取って一歩踏み出しましょう。
 そして、筆記試験を突破した後、他の受験者との「違い」を出せるように、戦略的に対策をして、合格をつかみましょう!
 この記事でお示しした内容を参考にして、合格される方が、一人、また一人と増えてくれることを願っています。

【参考】

mikeneko-trois.hatenablog.com

koumuin-mensestu.hatenablog.com

 

 

【トップページ】

koumuin-ouen.hatenablog.com